話題の商品がお得に試せるサンプル百貨店
  • サンプル百貨店

家電のプロが徹底解説!「空気清浄機」選びの基礎知識

「空気清浄機」をAll Aboutのガイドが徹底解説!

   

ハウスダスト・花粉・風邪・PM2.5対策などで、通年活躍する空気清浄機。人気は、集じん・脱臭・加湿を備えた「加湿空気清浄機」ですが、集じん・脱臭のみに注力した単機能タイプも増えています。空気清浄機の役割は、ホコリ・チリ・カビ・ウィルス・雑菌・ディーゼル粉塵・タバコの煙・PM2.5などの汚れや、ダニの死がい・花粉などのアレルゲンを取り除く「集じん」と、タバコ臭・ペット臭・生ゴミ臭・料理臭・ホルムアルデヒドなどの臭いを取り除く「脱臭」のふたつ。さらに、本格的な【加湿】の役割も担っている機種も多くあります。

また、一家に一台から一部屋一台の時代に突入し、コンパクトでデザイン性の高い個室向きの製品も増えています。最近は、WiFi搭載モデルも登場し、エアモニターにも!そんな進化し続ける空気清浄機についてご紹介します。

家電のプロが徹底解説!「空気清浄機」選びの基礎知識

空気清浄機にはどんな種類がある?

1.ファン式…空気を吸い込み、フィルターでろ過して汚れを除去する方式。強制的に空気を循環させるため集じん力がありますが、ファンの運転音がします。国内・海外メーカー共に、現在はこの方式が主流です。

2.電気(イオン)式…+(プラス)がー(マイナス)の電気に引き寄せられることを利用し、チリやホコリを帯電させて集じんする仕組み。集じん力は弱くなりがちですが、音が静かなのがメリット。大手メーカーでこの方式は採用されていません。

3.ファン式+電気式の併用型 …ファン式と電気集じんを併用して、集じん力と大風量の両立をしているタイプ。国内メーカーで電気集じんを併用しているのは、ダイキンのみです。

家電のプロが徹底解説!「空気清浄機」選びの基礎知識

次に知っておきたいのが「フィルター」について。空気清浄機には複数のフィルターが搭載されています。それぞれの役割やお手入れ方法が異なりますので、整理しておきましょう。

1.プレフィルター…前面に設置され大まかなホコリを除去。水洗いができるものが大半で、交換の必要はありません。最新モデルには、プレフィルターのホコリを自動でそうじする機能も搭載されました。

2.集じんフィルター…クリーンルームなどで使用されているHEPA(ヘパ)フィルターが主流。最近は「PM2.5対応」という表記も増えました。フィルターは、手入れをして10年間交換不要なタイプと、半年から1年毎に新しいものへの交換するタイプがあります。
※HEPAフィルターとは:JIS規格で、タバコの煙(0.3μmの粒子)を試験粉塵としてフィルターを1回通過させたときの集じん率99.97%以上のフィルターのこと
※PM2.5対応とは:0.1~2.5μmの粒子を99%キャッチできるという意味。日本電機工業会にて統一基準として採用されています。


3.脱臭フィルター…活性炭が一般的。交換が必要なタイプと水洗いなどで性能が復帰するタイプがあります。イオン併用・光触媒・プラズマ・次亜塩素酸などを利用した脱臭方法も登場し、脱臭力強化が進んでいます。

4.加湿フィルター…加湿機能を搭載している機種には、必ず含まれます。加湿フィルターはどのモデルでも定期的なメンテナンスが必要です。その頻度や方法はしっかり確認しておきましょう。

空気清浄機を選ぶときにチェックすべきポイント

空気清浄機を選ぶ時に確認が必要な項目、それぞれの意味と気をつけるべきポイントを整理してみましょう。

【適用床面積=清浄スピードの目安】
カタログに「適用床面積○畳(○○m²)」という表記があります。日本電機工業会で定められた基準に基づき「5本のタバコを吸ったときに相当する空気の汚れを、30分できれいにできる広さ」を表しています。12畳の部屋に適用床面積12畳では浄化するのに30分かかり、人が在室している状態では空気がなかなかキレイになりません。目安として、部屋より2倍以上大きな数値の製品を選びましょう。カタログには「8畳の部屋が何分でキレイになるか」も表記されていますので、あわせて参考にしてください。
※日本電機工業会に属していない製品は、この数値が規格に則っていない場合もあります。日本電機工業会の基準を採用しているメーカーは、必ずその旨カタログに明記されていますので確認してください。

【気流方式】
機種により、前面・側面・背面など吸引方向はさまざまです。空気がスムーズに循環する方が、より効率良く室内の空気を浄化できますので、自分の部屋においた場合、空気が上手に滞留するのはどのタイプかで選びましょう。

【コスト】
必要となるコストは「本体価格・電気代・メンテナンス代」の3つ。購入価格だけでなく生涯コストをしっかり確認することが、賢い買い物の第一歩です。「本体価格」は、10万円超え〜1万円以下まで機種によりさまざま。リビング向きは市場価格で5万円以上、寝室や子供室など個室向きは3万円前後が売れ筋です。気になる「電気代」は、空気清浄機だけの運転なら1時間1円以下。加湿機能も気化式を採用しているので1時間で1円前後なので、24時間つけたままにするとしてもさほど気にすることはありません。

見逃せないのが「メンテナンス代」。空気清浄機はフィルターの性能が命です。機種にもよりますが、フィルター交換が必要な機種では、5000~1万円超えと比較的高い費用が発生します。加湿機能付きは、フィルター交換不要タイプが主流ですが、「集じん・脱臭・加湿」3つのフィルターがあり、汚れに応じて交換が必要になることもあります。念のため「フィルターの種類・価格・寿命」を確認しておきましょう。

その他、さらに確認すべきポイントとしては、「表示パネル・モニター」です。空気が汚れていたり臭いがするとランプが点灯、清浄された度合を何段階かで表示、加湿の湿度表示、PM2.5モニターなど、さまざまなサインがあります。最近は、音声で状況を知らせたり、スマホにお知らせが届く製品も登場。欲しい情報が見やすいタイプを選びましょう。

運転音」については、運転時の音をdb(デシベル)で表しています。能力が高い=風量が大きければ、当然音も大きくなりますので、音が気になる人は要確認です。寝室で一晩中使いたい場合、最小値をチェックしましょう。弱または静モードで25~15dbあたりが一般的なレベルです。

最近では「Wi-Fi対応」かどうかも気になるところ。Wi-Fiにつないで専用アプリを使うことで、外出先から操作ができたり、室内の空気の状況が確認できる「エアモニター」になるモデルも登場しています。いつでも自在に自宅の空気を管理したいなら、搭載モデルを選びたいですね。

以上のポイントをチェックし、自分にフィットした製品を選んでください!

家電のプロが徹底解説!「空気清浄機」選びの基礎知識

   

(著者プロフィール)戸井田 園子さん
著者
All About家電ガイド。大手プレハブメーカーでインテリアコーディネートを担当し、インテリア研究所を経て商品企画部へ。そのとき身に付けた性能・デザイン・価格などをトータルに比較し、商品の優劣を見極める技術をもとに、独立してフリーに。現在はインテリア&家電コーディネーターとして活動中。

  • LINEで送る
  • 記事をクリップ