話題の商品がお得に試せるサンプル百貨店
  • サンプル百貨店

白髪染めってどれを選べばいい? 自分でうまく染めるときのコツは?

市販品を使って自分に合った白髪染めを選ぶ方法やうまく染めるコツなど、現役美容師が解説します!

市販の白髪染めには、どんな種類や特徴がある?

市販品を使って自分で白髪染めをしたいけど、どれを使っていいか分からないという人も多いのではないでしょうか。さまざまな種類があるようですが、白髪染めの種類は大きく分けて3つ。一回のカラーでしっかり白髪を染めるアルカリカラーのほか、マニキュアやカラートリートメントなど様々な種類、方法で白髪を染めることができます。自分に合った白髪染めの選び方やうまく染めるコツなど、現役美容師が解説します。

白髪染めってどれを選べばいい? 自分でうまく染めるときのコツは?

1.アルカリカラー 

地肌から染められるタイプのものでしっかり白髪を染めたい方にオススメ。アレルギー反応がでてしまうこともあるので、事前のパッチテストが必要になります。カラー剤の形状が泡タイプ、クリームタイプと分かれていることが多く、それぞれの用途は下記のとおりです。

※泡タイプ…剤の形状が泡状で髪全体になじませやすいのが特徴。クリームタイプよりもお手軽感が あります。仕上がりの明るさにもよっても異なるのですが白髪の量が少なめな方にオススメ。

※クリームタイプ…根元からしっかり白髪を染めたい場合や根元のみの部分染めに適しているのは クリームタイプ。泡タイプのものよりも剤に粘度があり染めたい部分にピンポイントで塗りやすい形状です。

2.ヘアマニキュア 

酸性領域のカラー剤で、髪のキューティクルは開かず髪の表面に色素を付着させていくタイプ。黒髪を明るくする事はできません。髪へのダメージが少なくアレルギーがある方にオススメです。皮膚に着くと落ちにくい為、地肌から染める事はできないこと、シャンプーの度に色が落ちてしまうので色持ちが2~3週間程度というのが特徴です。

3.カラートリートメント    

毎日のシャンプーの後にトリートメント感覚で使うタイプ。黒髪を明るくする事はできません。使う度に徐々に色を入れていくので早急に白髪を染めたい方には不向きですが、周りに気付かれにくく自然に少しずつ白髪を染めたい方にはオススメです。

ヘアカラーとの違いは? 意外に知らない白髪染めのはじめ方

「白髪染めとヘアカラーに違いってなに?」という質問を受けることが多いのですが、基本的には同じ『アルカリカラー』という種類になります。アルカリ成分で髪のキューティクルを開いて髪の中から染めていくので、しっかり染まり色持ちの良いタイプのカラーになります。一般的に白髪染めの部類に入るものはしっかり白髪が染まるように中に入っている染料の量が多かったり、濃かったりするという点がヘアカラーとの違いです。

「どのタイミングで白髪染めに切り替えれば良い?」というのも多くある質問ですが、実は明確な決まりはありません。白髪の出始めは全体の髪に対して自分で見える範囲で数本程度のことが多いので、しっかり白髪を染めるというよりは、周りの黒髪を明るくしてぼかしながら馴染ませるようにカラーをするのがオススメ。あえて切り替えのタイミングがあるとすれば、「今までは自分で探して見つけていた白髪が、探さなくともパッと見でわかるようになってきた」状態を目安にしてみてください。

白髪染めってどれを選べばいい? 自分でうまく染めるときのコツは?

美容師が伝授!市販品を使って自分で上手に染めるコツ

自分で白髪を上手に染めるために、いちばん大事なのはどんなカラー剤を選ぶか、ということ。ある程度明るめの髪色でも白髪が染まるものも多く販売されていますが、基本的には仕上がりの髪色が明るくなればなるほど、白髪は染まりにくくなります。しっかり白髪を染めながらも全体の髪色を暗くしすぎない仕上がりにするには中明度がオススメ。明るさの数字でいうと7トーン。色で例えると自然な茶色を選ぶのが失敗しない第一歩です。

次にカラー剤の種類ですが、しっかり白髪を染めながら黒髪も自然な明るさに仕上げるなら『アルカリカラー』を選ぶこと。剤の形状はカラー剤を塗った時に根元にしっかりとどまるクリーム状のものが良いでしょう。白髪をしっかり染められるのと毛先までカラー剤がつきにくいので毛先のダメージを軽減できます。

染めるときの注意点として、まずはブロッキングが大事!耳の位置と頭の真ん中で4つにわけてカラー剤を塗る箇所、塗らない箇所を明確に分けましょう。髪が太くて強いとされる「えりあし」から染めていくのが理想的です。ただし白髪というのは何故か見える場所に多く出てくる傾向があるため、分け目付近や顔まわりだけピンポイントでしっかり染めたい方は別となります。

コールドクリームを用意してカラーを塗る前にフェイスラインと耳の後ろやえりあしに事前に塗っておきましょう。そうする事で皮膚へのカラー剤の色素沈着をふせぎます。毛先の傷みが気になる場合は、自宅にあるトリートメントやコンディショナーを事前に毛先に塗っておきましょう。カラー剤が毛先につくのを防ぎ、カラー放置中にトリートメント成分が浸透するので一石二鳥です。 最近はカラー剤を残して次回のカラーまでに保存できるタイプのものもありますので急なイベントの前に気になるところだけ、自分で白髪染めをして後日美容室でメンテナンスするのもオススメです。

白髪染めってどれを選べばいい? 自分でうまく染めるときのコツは?

 

(著者プロフィール)添田 晃正さん
著者
All Aboutヘアカラーガイド。
自由が丘の美容室Maria by afloat ディレクター
豊富な経験と知識からお客様の髪のお悩みを解消しつつお客様らしさを引き出すことをもっとも得意とするヘアデザイナー。
ライフスタイルに似合わせたヘアスタイルの提案に定評がある。

  • LINEで送る
  • 記事をクリップ